青汁飲んで健康生活

4年の早さ

もうすぐワールドカップが開幕しますね。ということは、南アフリカワールドカップからもう4年が経つということです。

 

 

 

やばいですね。もう、あれから4歳も年をとってるなんて・・・。なんだか、本番前に岡田監督が激しく叩かれて、後に結果を出してものすごく持ち上げられていたのが、ついこないだの事のように感じますが、あれから4年ですか。

 

 

 

本当に月日の流れるのは早いものです。あの頃の自分と、今の自分は年をとってお腹が少し出たこと意外で、なんか変化があったかといわれると、あんまり思い浮かびません。

 

 

 

なんか、何にも成長していないように感じます。我ながら、時間を有効に使えていないなあとあきれてしまいますね。

 

 

 

世の中の同世代の人の中には、4年の間に劇的な成長を遂げた人や、必死の努力を続けている人もいることでしょうが、私といえば、ただダラダラと4年間を過ごしてしまったような気がします。

 

 

 

限られた人生の時間を有効に使わなければ、とは頭ではいつも思うのですが、怠惰な性格はなかなか治るものでもなく、楽な方に楽な方に流れてしまっています。

 

 

 

そんなわけで、ワールドカップでは4年間努力に努力を重ねてきた日本代表の選手達を応援しながら、自分の生活を反省してみようと思います。

 

介護福祉士

青汁飲んで健康生活

現代人は野菜不足です。野菜を取りなさいと言われてもなかなか思うように摂取できません。

 

1日に必要な野菜はなんと350g以上と言われています。これはかなりの量になります。

 

普段から意識して摂取していないとこれだけの量を食べることは難しいと思います。

 

なんとかして野菜不足を補わなければなりません。そこで青汁です。野菜の栄養分を手軽に摂取できるためお勧めです。

 

しかし青汁は臭いや味が気になります。

 

青汁を飲んだことのない方もイメージとして苦い、臭い、まずいなどマイナスイメージがあるのではないでしょうか。

 

野菜ですのでそのままご自分で作られた場合苦くて飲めたものじゃないと挫折してしまうでしょう。

 

野菜嫌いのお子さんのためにと思っても味のせいで嫌がってしまうことでしょう。ですが今は味や臭いが気にならない商品がいろいろと出てきました。

 

以前のようにまずい青汁ではなくおいしい青汁になってます。各メーカーが飲みやすく改良してますので試してみてはどうでしょう。

 

それでも飲みにくいとおっしゃられる方は飲みやすくするためにジュースに混ぜてみてはいかがですか。

 

お子様もジュースであれば飲んでくれるかもしれません。他にも牛乳に混ぜて臭いを軽減させたり、はちみつを混ぜて甘くしたりするのもいいでしょう。

 

健康のために毎日続けるものだからこそ「おいしさ」は大事です。

 

自分に合った青汁生活をぜひ試してみてください。

 

野菜不足に青汁を

何で野菜ってこんな高いんですかね?

 

 

 

外食の多い一人暮らし人間としては、そのことがどうも腑に落ちません。

 

ハンバーグ定食を500円で食べられるのに、サラダの小鉢を追加で頼むと+300円はひどいでしょう。日本人が野菜不足になるのも当然で、ついでに食卓に野菜を切らさなかった実家の母親の有り難さを思い知らされるわけです。

 

ありがとう、カーチャン。

 

 

 

しかし、腑に落ちようが落ちまいが野菜は食べなきゃいけません。

 

そこで私は考えました。

 

青汁を飲めばいいじゃん、と。

 

 

 

調べてみると、青汁って結構種類が多いんですよね。出してるメーカーも色々で、「青汁」という商品ではなく、「青汁」という商品カテゴリーの名称みたいな扱いになっています。

 

そんな中、ネットで色々検索し、買う商品を選んでみました。

 

 

 

取り敢えず、毎日飲める程度には安いことが大前提。

 

缶タイプは場所を食うので却下。あんまりマイナーなメーカーも却下。

 

不味そうなのも却下。

 

 

 

で、決まったのがFANCLの「本搾り青汁ベーシック」という粉末タイプの製品です。

 

実は既に数日ほど続けて飲んでいるんですが、確かに飲みやすいんですよね。むかーし飲んだ、青臭い野菜汁的なイメージは殆どありません。値段も月3000円程度で、サラダを外で食べることを思えば全然安い。

 

 

 

とりあえず、これを飲み切るまで続けるつもりです。

 

俺頑張ってるよ、カーチャン!

毎日かかさず飲みたい青汁

 

健康を害してから、ずっと青汁を飲んでいます。

 

 

 

まさかこの健康体の自分が、体調を崩すなんて思いもしなかったです。

 

食事には気を配っているつもりでしたが、どうも不摂生だったようです。

 

 

 

このようなことがあって、毎日の食事や健康管理を見つめ直すことが

 

でき、以前から気になっていた「青汁」を飲むようになりました。

 

 

 

青汁といっても、種類がたくさんあり、青汁の他にさらに栄養素が

 

配合されているものが増えて、幅広い中から選択できます。

 

 

 

私の場合は、この他の成分といっしょになった青汁を選んでいます。

 

同じコップ1杯飲むのなら、より多くの栄養素を含んだ青汁の方が

 

健康面で良いと思うので・・。

 

 

 

ちなみに、今毎日欠かさず飲んでいる青汁は、

 

FANCLの「本搾り青汁」です。

 

 

 

コップ1杯で、1食分の緑黄色野菜の量をクリアできるようです。

 

 

 

はいっている成分は、

 

ビタミンC、ビタミンE、食物繊維、カルシウム、マグネシウム、鉄、

 

β-カロテン、ビタミンK、葉酸などが豊富に含まれています。

 

 

 

これだけの栄養素を、毎食欠かさずに摂取する事はとても大変です。

 

香料、着色料、食塩、保存料は使用していないので、

 

生野菜を食べているのと同じです。

 

 

 

青汁は、どこでも手軽に飲めるのがメリットだと思います。

 

飲むと身体がすっきりして、気持ちの面でもリフレッシュできます。

 

 

 

健康のために、これからも続けていきます

青汁の選び方について

 

青汁はとても健康に良く、またダイエット効果や美容にも効果があるという事で老若男女問わずに大人気ですよね。

 

そしてそんな大人気の青汁をこれから始めてみたいと思っている方も少なくないのではないでしょうか。

 

しかしいざ青汁を購入してみようと思うと、なかなか種類が多くて一体どの青汁を買おうか迷ってしまうという方も多いかと思います。

 

なので今回はそんな方のために、青汁の選びかtあについてアドバイスをしていきたいと思います。

 

まず人気の青汁を知るために、比較サイトを利用してみると良いでしょう。

 

比較サイトでしたらたくさんの青汁がその人気順に詳しい特徴などと共に紹介されているので、とても選びやすく便利かと思います。

 

またそれに合わせて気になった青汁の口コミなども見てみると、より自分にあった青汁選びができる事でしょう。

 

口コミは実際に飲んでみた感想なので、参考になる事は間違いなしです。

 

この方法でしたらとても効率良く青汁選びができるので、おすすめですよ。

 

青汁を飲みたいけれど種類がありすぎてどの青汁にしたら良いのか困ってしまっていたという方は、是非この青汁の選び方を参考にして試してみてください。きっと良い結果になる事でしょう。

青汁で健康的な身体を手に入れる

 

現代人は野菜不足に悩まされています。

 

実は、こうした野菜不足というのは今に始まったことではありません。

 

ずっと言われ続けていることなのです。

 

 

 

特に、日本人は日本食から欧米食に変わってしまっている傾向にあり、進んでお肉などの高カロリーな食事を取る機会が増えてきました。

 

しかし、欧米食というのは医学会でも身体に良くないと言うことが研究で発表されてきていますので、進んで食べるのはあまり好まれることではないのです。

 

 

 

では、どのようにして野菜不足を補うのかという話になりますが、青汁を利用すると非常に効率が良いと言えます。

 

青汁というのは緑黄色野菜の汁から取られていますので、野菜の良い成分が多く詰まっています。

 

例えば、食物繊維や鉄分です。

 

特に女性は便秘や貧血などに悩まされている方が多いですので、青汁を飲むことによってそうした症状が改善されることになります。

 

 

 

また、青汁にはビタミンが多く含まれていますので美容にも大変効果的なのです。

 

ビタミンは肌を綺麗にする作用がありますので、青汁を定期的に飲んでいると肌が活性化されてより美しい肌を手に入れることができるようになります。

 

 

 

このように、青汁には多くのメリットが存在するのです。

 

健康的で美しい身体を手に入れたいのならば必須のものとなります。